【あきらめること】

あきらめたらそこで終わり、とは
よく言ったものです。
あきらめたら、その先はない。
だけどあきらめなかったら、
いつか、
「ああ、あのときあきらめなくて良かったな」と、
思える日が来るのかもしれない。

未来は誰にもわかりません。
これからどうなるのか、
何が起きるのか。
あきらめたら、今は、苦しみから解放されるかもしれない。
それとも、苦しみが増すだけなのかもしれない。
それはわからないけれど、
あきらめることで、
ひとつの扉が閉じることは事実。

違う扉を開くことが良い事なのかどうか。
それは結局永遠に、わからないのかもしれません。