【おとなの理屈】

子どもに大人の理屈なんて、
通用しません。
大人の理屈とは、実はとっても都合がよくて、
曖昧で、実体のないものだから。

子どもから「なんで?」と聞かれるたびに、
「確かに、なんでだろう?」と、
思ってしまうことも多いものです。
私たちは本当に多くのことを、
都合よく受け入れ、対応しているのです。

ただ、それは社会で生きていくために、
必要な能力でもあります。
すべてのことに「なんで?」とひっかかっていたら、
とても生きてはいけませんから。
しかし時には子どもの目を通して、
なんで?と疑問を持ってみると、
思わぬ素敵な発見があるのかもしれませんね。

<子供の心得>

なんで?なんで?

どうして?どうして?

この子供の疑問の一つずつが成長の種になります。

そして意外な発見を私たちに教えてくれるのも

子どもたちです。

精一杯のパワーを得て共に成長して行きましょう。