【しかる立場になって】

誰も最初から、何もかもをわかっているわけではありません。
間違ったことをして、
それがなぜ間違っているか、
きちんと伝えてくれる人がいたから、
正していくことが出来るのです。

今までたくさんの人が、あなたの間違いを
正してくれたと思います。
当時は、怖い思いや、悔しい思いもしたかもしれません。
でも成長した今となっては、
むしろ感謝の気持ちに変わっているはずです。

あなたのときと同じように、
子どもも今、たくさん判断を間違えながら、
学んでいる途中です。

間違えては正し、間違えては正し。
ひたすら繰り返すのみです。

しかることは、誰にとっても楽しいことではありません。
だけど、とっても大切なこと。
しかるのはエネルギーもいるし、大変ですが、
丁寧にひとつずつ、伝えるべきことを伝えていきましょう

<子供の心得>

子供の間違いに対して、お母さんはただ怒るのではなく、

叱らなければなりません。

怒ると叱るというのは違います。

愛と鞭を使い分けることが大切ですね。

お母さん、いつも有難う。