【なぜダメか?を考える】

子どもが、やってはいけないことをやったとき。
私たちは当然、叱ります。
それをやってはいけない、と。

なぜやってはダメなのか、
丁寧に伝えられるときもあれば、
伝えられないときもあります。
日常では、伝えられないことのほうが
多いのではないでしょうか。

なかなかゆっくり話す
余裕がないことも多いですが、
なぜやってはダメなのか、
そこを考えさせることは
とても大切なことです。
自分がやったことの影響が、
どんな風にまわりに及ぶのか。
そこを想像する力は、
小さいころからしっかり養っていきたいと思います。

<子供の心得>

なんでを教えてあげる。

理解出来たら子供だって言うことを聞きます。

子供の立場になって教えてあげることが大事ですね。