【信じることと裏切られること】

裏切られることを恐れていたら、
信じることは出来ません。
本当の意味で信じるには、
裏切りさえも受け止める気持ちが必要なのだと思います。

私たちは誰だって、傷つくことを恐れています。
しかし、自分が傷つくことは、
果たしてそんなに恐れるべきことでしょうか。
誰かを信じて裏切られることと、
大切な人に信じてもらえないこと、
どちらが苦しいでしょうか。

たとえ裏切られたとしても、
やはり信じることを大切にしたい。
そう思います。