【子どもの能力】

子どもは覚えるのも早ければ、忘れるのも早い。
それは普段、よく感じることだと思います。

子どもの頭の中は、まだまだ整理されていません。
いろいろなことが吸収されていくけれど、
それらが互いに結びつかず、関係せず、
断片的で関連性がないため、
どんどん忘れられていきます。

しかし、忘れてしまうことを恐れる必要はありません。
子どもは、成長とともに今まで学んできたことを整理し、
理解し、関連付けてやがて蓄積していきます。
だから、この間は覚えていたのに、
なんでもう忘れちゃうの!と不安になることはないのです

たくさん吸収して、そして忘れても、
また学び、整理し、理解して、積み上げていくこと。
その繰り返しを、ずっと続けて力をつけていくのです。

<子供の心得>

子供の脳の中はいつも

沢山の情報でうごめいています。

毎日、毎日たくさんの学びがあり、

そこについていくのがやっとの状況です。

成長の速度があっという間です。

もっともっと盛り上げて行きましょう。