【役割は相対的なもの】

同じ人でも、その人が果たす役割は、
まわりの人によって変わるもの。

家族の前での自分。
仕事での自分。
友達といるときの自分。
ひとりだけのときの自分。

それらの自分はすべて微妙に違って、
そして、すべて本当の自分です。

人は、そんな風にまわりによって
その場に最適な役割をこなしながら、
人間関係を築いていきます。

そんないろんな自分を、
楽しんでいけたらいいですね。

<子供の心得>

本当の自分はどこにいるのだろう?

自分自身の在り方って非常に難しい気がします。

どんな風に周りに見られているのか?

自分はどんな自分になりたいのか?

自問自答をしては、答えの無い考えのサイクルにハマっていきます。

自分自身を見つめるのは非常に楽しいことかもしれませんね。