【待つことの大切さ】

待つのって、辛いです。
待っている時間は、長く感じるものです。

しかし、子どもを育てていくうえで、
待つ、ということはとても大切です。

先を急がず、結論を急がず。
ただ、忍耐強く待つ。
そんな態度が必要になるときがあります。

子どもが自分の力でやり遂げるのを待つこと。
そんな日常的なことから、
子どもの成長を長い目で見守ることまで。
待つ姿勢は、とても大切なものなのです。

<子供の心得>

我慢すること。

それは、大人も子供も大切な行動の一つです。

お母さんは、すぐに子供に答えを教えるのではなく

導いてあげる。

それに時間がかかっても良い。

我慢は、成長に書かせないものなのです。

お母さん、いつもありがとう。