【生きることはまだまだ長い道のり】

子どもには、まだまだ長い
人生の道のりがあります。
今日や明日結果が出ることなんて逆に珍しく、
今日積み上げたことが結果となるのは、
これからずっとずっと先のことでしょう。

私たちの子育てが常に見ているのは、
子どもの未来の姿です。
大人になり、自分の責任で生きていく年齢になったとき、
健全な心を持ち、人と正しい関係を築き、
責任のある行動をとることが出来る。
そんな大人になるための、
今はすべてが学びのときです。

子どもの人生は、まだまだこれからが本番。
焦らずじっくりと、進んでいくべき道のりです。

<子供の心得>

急がずにゆっくりと。

ゆっくりと。

焦ってはいけません。

人生において焦りは禁物です。

怒ってはだめです。

明日の成長を見守りましょう。

お母さん、いつもありがとう。