【相手の気持ちを考えること】

どんなに忙しくて、バタバタしているときでも、
相手を思いやる心の余裕は、
忘れたくないと思います。

相手の気持ちを考えたり、
相手の立場や状況を理解しようとすることは、
とても大切なことであり、
人間関係の基本です。
自分だけが良ければいいという考えは、
とても幼い考えです。

親として、そして一人の人間として、
そういった基本的なことは、
忘れないでおきたいものです。

<子供の心得>

相手を思いやる心。

子供を思いやる心。

親を思いやる心。

自分勝手な考えや意見は捨てましょう。