【知らなくていいこともある】

世の中には、知らなくていいこともあります。
たまたま知ってしまったけれど、
知らないほうが良かった、と思う事も
たくさんありますよね。

私たちは、何もかもを知る必要もないし、
知らないほうが良いことだってたくさんあります。

すべてを知ってすべてを受け止めようとしても、
それは重たすぎます。
そんなに背負う必要なんてありません。

知らなくていいこと、関わらなくていいことも
たくさんあります。
無理をしてすべてを知ろうとしたり、
関わろうとしたりしなくてもよいのです。

<子供の心得>

知らぬが仏。

時には、何も知らずに済ませたことが良いこともある。

何でも首を突っ込んで、見聞きするのは

結局、いらぬ心配をかけたりして心が持たない。

ゆとりとは小さな隙間のこと。

関心持つのは良いけど、ほどほどに。という言葉を覚えましょう。