【自分に必要なものがわかること】

あれも欲しい、これも欲しい。
これがしたい、あれがしたい。
こんな人がうらやましい、
あんな人がうらやましい。

こういった気持ちは、
若い時ほど強く感じるものではないでしょうか。

年齢を重ねてくると、
自分に必要なものと、そうでないものが
だんだんわかるようになってきて、
自分の「生き方」が見えてきます。
そして、その生き方に沿って、
必要なものだけあればいいと、
穏やかに思えるようになってきます。

だからこそ若い時は、
自分の生き方を決めつけてしまうことなく、
あれこれ求めてもがいて、
模索すればよいと思います。
貪欲であることを、
怖がらなくてよいのだと思うのです。

<子供の心得>

自分に持ってないものは自分には惹かれて見えるものです。

いいな。羨ましいな。

それを自分でも手に入れるのか、

それとも手に入れることが出来ずに、

自分らしさ、オリジナリティを出すのかは自由であり

自分次第なのです。